Loading Events

« All Events

Tokyo / Kyoto Event – Connecting Technology and Humans: US and Japan Tech Entrepreneurs Tackle Dementia

March 12

(日本語下記)

This event is part of the Silicon Valley-Japan Innovation Partnership Speaker Program, and is held in cooperation with the US Embassy in Tokyo

Two dynamic entrepreneurs, Dr. Mylea Charvat and Ko Ishiyama, reveal how innovative technologies and business models can tackle one of the most challenging social and medical issues of our era – dementia and Alzheimer’s disease.

These innovative approaches bring together the best of Silicon Valley and Japan. Our speakers will outline how to enhance health outcomes for Japan’s aging population; the challenges and opportunities of being a health care start-up company in the US and Japan; and the future that these two visionaries foresee over the next 20 years.

Worldwide more than 44 million people are living with dementia and a disproportionately high 10% live in Japan, the world’s fastest aging society.   Caring for these patients as well as delaying and even preventing dementia is critical to the future well-being of a growing number of citizens in Japan, the US and the world. Innovative approaches to health will be the key to solving this global issue and Japan will be the laboratory for applying new technologies to solve it.

Dr. Mylea Charvat is a clinical psychologist and founder of the San Francisco-based digital cognitive assessment company, Savonix, which delivers a mobile, evidence-based assessment of cognitive and emotional function that empowers healthcare providers to evaluate and leverage results to improve health and treatment outcomes.  Ko Ishiyama is President of Exawizards, which delivers aging solutions through innovative approaches and technologies.

 

ジャパンソサイエティ・オブ・ノーザンカリフォルニア + アメリカ大使館 コラボレーションプロジェクト

イノベーションパートナーシップ・スピーカープログラム

テクノロジーとヒトがコネクトするイノベーションシリコンバレーと日本のアントレプレナーテクノロジーで認知症に挑む

世界では4,400万人を超える人々が認知症を抱えて生活しています。世界で最も高齢化が進んでいる日本の割合はそのうちの10%と言われています。認知症患者をケアすること、遅らせること、予防すること、また、早期診断を目指すなどの対処が日本だけでなくアメリカ、そして、世界の急務となっていることはみなさまご承知の通りです。

ジャパンソサエティ +アメリカ大使館のコラボレーションプログラムである、今回のスピーカーシリーズでは、テクノロジーとヒトとが支え合う医療イノベーションを目指し、アメリカと日本を代表する二人のアントレプレナーによる高齢化社会における課題へのダイナミックな取り組みをご紹介します。

シリコンバレーで認知症とアルツハイマーのテクノロジー分野でリードするSavonix のDr. Mylea Charvat と人工知能で超高齢化社会の課題解決に挑むエクサウィザーズの石山 洸氏をスピーカーにお迎えし、医療イノベーションと今後の展望について解説します。

ネットワーキングの素晴らしい機会でもございます。みなさま、万障お繰り合わせの上、ぜひご参加ください。


SPEAKER PROFILES:

Mylea Charvat

Dr. Mylea Charvat, is a clinical psychologist, translational neuroscientist, and the CEO and Founder of the digital cognitive assessment company, Savonix.  She specializes in working with and leading dynamic healthcare organizations looking to expand the access to and affordability of healthcare using digital tools. Savonix delivers a mobile, evidence-based assessment of cognitive and emotional function that empowers healthcare providers to evaluate and leverage results to improve health and treatment outcomes.  Savonix just concluded its xxxth financing round and has offices in San Francisco and Singapore and has a representative in Tokyo who works with MetLife Japan which is bundling Savonix’s assessment tool with its health insurance products in the Japanese market.

臨床心理士、応用脳科学者。専門家が少なく、限定的な予算で患者の認知機能を測定する方法を見出し、ヘルスケア業界にインパクトを与えるべくSavonixを創業。スタンフォード大学医学部にて臨床脳科学専門研修を修了、学会誌への論文掲載も多数。一般的な治療や慢性疾患管理と連動させることで認知機能データを改善する手法に取り組んでいる。Mylea自身の夫が重傷を負った際に、回復を促すための各種ヘルスデータ(認知機能のスクリーニングを含む)を得ることがいかに難しいかを実感したことが創業のきっかけとなる。エクスパートでもあるMylea 自身に難しいことが一般患者が完全に理解することはほとんど不可能であり、他の患者と関係者にとってデータへのアクセス問題は幅広く、しかも根深いことを認識し、名誉ある教授への道と10年のキャリアを捨て、Savonixを創業した。認知神経科学領域の診断テストをより簡便かつ低コストに患者に届けている。MetLife Japan がSavonixの評価ツールをバンドル採用中。

 

Ko Ishiyama

Mr. Ko Ishiyama is Representative Director and President of Exawizards, a new company that solves the problems of an aging society by accelerating performance with the help of AI.  One of the ways the company contributes to the solution of this issue is through a comprehensive care method, Humanitude, which is an innovative evidence-based care method for dementia patrients with four pillars: gaze, talk, touch, and standing.  President Ishikawa is a Visiting Professor, Shizuoka University, Visiting Associate Professor, Tokyo University and a former Director at Recruit Institute of Technology and Executive Manager of R&D at Recruit Holdings.  He founded a big data startup that creates aggregation services in support of marketing professionals and sold it to Recruit Holdings..  Outside of work, he is an improvisational pianist and enjoys spending time with his wife.

エクサウィザーズ 代表取締役社長 石山 洸
東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻修士課程修了。2006年4月、株式会社リクルートホールディングスに入社。同社のデジタル化を推進した後、新規事業提案制度での提案を契機に新会社を設立。事業を3年で成長フェーズにのせ売却した経験を経て、2014年4月、メディアテクノロジーラボ所長に就任。2015年4月、リクルートのAI研究所であるRecruit Institute of Technologyを設立し、初代所長に就任。2017年3月、デジタルセンセーション株式会社取締役COOに就任。2017年10月の合併を機に、現職就任。静岡大学客員教授、東京大学政策ビジョン研究センター客員准教授。


This event is part of the Silicon Valley-Japan Innovation Partnership Speaker Program

A series of programs focused on how technology can help solve Japan’s twin demographic challenges of aging and shrinking.  The program demonstrates the value of combining Japan’s creativity, innovation and its unique perspective on the demographic challenges it faces with Silicon Valley’s dynamic development of new technology and its ecosystem of entrepreneurship that takes creative ideas and converts them into profitable businesses.

ジャパンソサイエティ・オブ・ノーザンカリフォルニア + アメリカ大使館 コラボレーションプロジェクト || イノベーションパートナーシップ・スピーカープログラム

高齢化と人口減少という日本が抱える二つの課題が本格化していく中、今後十年間の間で直面する課題解決に日本やシリコンバレーではどのようなテクノロジーが創出されているか? 日本の創造性、イノベーション、日本が直面している人口構成上の課題へのユニークな視点、そして、シリコンバレーの躍動的な新テクノロジー開発と起業家のエコシステムが生み出す創造的なアイデアやアイデア、収益性のある事業への転換に関して理解を深めるプログラムです。シリーズでお届けしていきます。


This program will be held on March 12, 2019 in Japan. Exact venue and time TBD.

Details

Date:
March 12
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search