Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

COVID-19’s Impact on Silicon Valley: What Can Japanese Companies Do to Cope?

May 28 @ 5:00 pm - 6:30 pm

*This event will be conducted in Japanese || 日本語プログラム

 

新型コロナに揺れるシリコンバレー:今、日本企業がすべきこと (日本語プログラム)

 

サンフランシスコ・ベイエリアでは、 “Shelter-in-place” と呼ばれる不要不急の外出禁止命令が全米でいち早く発出されました。COVID-19はシリコンバレーにあるテクノロジー企業やスタートアップを含むあらゆる企業に多大な影響を与えています。

 

シリコンバレーでの活動は、日本企業の担当者にとってコロナ以前の通常の状況においてもチャレンジングなものでしたが、今回、企業が在宅勤務や、オンラインネットワーキングを採用し、また複雑な取引をもヴィデオ会議で行うようになったため、一層難しいものになっています。

今回のセミナーでは、COVID-19によってもたらされたシリコンバレーの課題、その中でイノベーターたちがこれら課題にどう対応し前進しようとしているのか、また、日本企業がこの危機にどう適応し、いかにチャンスに変えることができるか、その可能性について取り上げます。また、シリコンバレーで事業を推進している日本企業が、影響を最小限にとどめ、ベイエリアのテクノロジー企業へのアクセスを強めることができるか、その秘訣を披露します。

___

Register Here Button

___

スピーカー

Peter Kenevan | Senior Partner, McKinsey & Company in Tokyo

スタートアップを含むシリコンバレー企業が、コロナウィルスのある世界という現実にどのように対応し、どう最先端技術を生み続けているのか、について解説します。

 

Nancy Yamaguchi (ナンシー・山口) | Partner, Morgan, Lewis & Bockius LLP.

日本よりかなり厳格な“Shelter-in-place”のルール、また、コロナウィルスがテクノロジー企業の買収・売却・投資案件にどのような影響を及ぼしているか、について解説します。

 

モデレータ

Kiyoaki Aburaki  (油木清) | バウワーグループアジア (BGA) 日本代表、戦略国際問題研究所(CSIS)シニア・アソシエイト

 

 

催:Japan Society of Northern California | Morgan Lewis| BowerGroupAsia

後援:JETRO San Francisco

 

開催日時

日本時間:  2020年5月29日(金曜日)午前9時から10時半

米国時間:(太平洋時間):  5月28日(木曜日)午後5時から6時半

 

参加登録:

ウェブサイトの申込からお申込みください。ご登録いただいた皆さまに、Zoomのユニークリンク、パスワードなどログイン情報をお送りいたします。

 

 

Nancy Yamaguchi (ナンシー・山口) | Partner, Morgan, Lewis & Bockius LLP.

ナンシー山口は、クロスボーダーの合併・買収(M&A)、戦略的投資、ベンチャーキャピタル投資、ジョイント・ベンチャー、戦略的提携及びテクノロジー取引案件を中心に、世界各国のテクノロジー企業に法的アドバイスを提供している。半導体、自動車、金融、IT及びソフトウエア産業等の企業をクライアントに有しており、世界各地のテクノロジー事業、及びテクノロジー資産の運用に関する案件においては、知的財産、労働・雇用、訴訟部門のスペシャリストと協働し助言を行っている。モルガン・ルイスに移籍する以前は、国際的な法律事務所においてグローバル・テクノロジー部門の代表パートナーを務めた。それ以前には、シリコンバレーに拠点を置く上場企業のM&A部門担当ディレクターやテクノロジー企業の法務担当役員(Chief Legal Officer)などを務めた。テクノロジー産業における豊富なビジネス経験と法務経験を生かし、テクノロジー企業特有のビジネスについて、クライアントのニーズに合わせた法的アドバイス、実用的なビジネスソリューションの提案、及び取引交渉を日英両言語で行っている。

 

Peter Kenevan | Senior Partner, McKinsey & Company in Tokyo

マッキンゼーのアジア太平洋地域におけるコーポレートファイナンスおよび半導体研究グループのリーダーとして、日本、中国、欧米の産業財およびテクノロジー関連企業に対してコンサルティングを行っている。トランザクションや戦略関連の課題以外にも、オペレーション改革に特化した数々の大規模な取り組みをサポートしている。産業財およびハイテク業界以外でも幅広く活動しており、ロジスティクス企業、消費財メーカーや製薬会社におけるトランザクション支援、合併マネジメント、成長戦略やオペレーション改善のための施策などに取り組んでいる。マッキンゼーでは数ヵ国のアジア支社に勤務した経験を持ち、アジアの文化にも精通。日本語の他に、中国標準語、タイ語にも堪能である。

 

Kiyoaki Aburaki  (油木清明) | バウワーグループアジア (BGA) 日本代表、戦略国際問題研究所(CSIS)シニア・アソシエイト

バウワーグループアジア (BGA) 日本代表、及び、戦略国際問題研究所 (CSIS) シニア・アソシエイトを務める。2020年2月のBGA日本代表就任以前は、経団連にて、国際貿易・投資、情報通信、防衛産業などを担当し、経団連政治グループ長などとして活躍した。2013年以降、経団連の国際対話プロジェクト事務局長として、日米、日中のハイレベル官民対話の推進に重要な役割を果たした。2010年から12年には、CSISの客員研究員として、中国の競争力分析、東日本大震災からの復興に向けた日米協力推進、日米防衛産業協力などのプロジェクトを主導。マサチューセッツ工科大学にて政治学修士号、慶應義塾大学より経済学士号。

___

Register Here Button

___

*This event will be conducted in Japanese || 日本語プログラム

COVID-19’s Impact on Silicon Valley:  What can Japanese Companies do to Cope?

(This program will be conducted in Japanese)

 

The Bay Area was one of the first regions in the US to mandate shelter-in-place to mitigate the spread of COVID-19, which has significantly impacted all businesses, including the tech giants and start-ups of Silicon Valley and the Japanese companies that seek to partner with them.  Accessing Silicon Valley, always a challenge for Japanese technology scouts even in good times, has now become much more difficult as firms adapt to working from home, networking online, and conducting complex transactions via teleconferencing.  Please join us to hear two speakers explain the challenges that Silicon Valley faces with COVID-19, how innovators are addressing those challenges and moving forward in spite of the virus, and steps that Japanese firms in Silicon Valley can take to adapt and even benefit from the crisis.

 

Peter Kenevan is a senior partner at McKinsey in Tokyo, will talk about how Silicon Valley companies, including start-ups, are adjusting and maintaining their innovative edge in the new world of coronavirus.  Nancy Yamaguchi, a partner at the law firm Morgan Lewis, will explain the shelter-in-place rules, which are far stricter than those in place in Japan, and the impact that the virus has had on tech-related acquisitions.  Both will recommend steps Japanese firms doing business in Silicon Valley can take to mitigate harm and enhance their capacity to access technology partners in the Bay Area.    The session will be moderated by Kiyo Aburaki, Managing Director, BowerGroupAsia, Japan.

 

This program is co-hosted by the Japan Society of Northern California, Morgan Lewis, and BowerGroupAsia with the support of JETRO San Francisco.

 

Date and Time:

JAPAN Time :  Friday, May 29, 2020 | 9:00-10:30AM

Pacific Time (US) :  Thursday, May 28, 2020  | 5:00-6:30PM

Program:

5:00-5:05 PM – Zoom Tutorial + Opening Remark | Takahide Akiyama, President, Japan Society of Northern California

5:05-5:15 PM – Scene setting and introduction of speakers | Kiyoaki Aburaki, Managing Director, BowerGroupAsia

5:15-5:30 PM – Silicon Valley companies’ struggles to promote innovation during the trying time | Peter Kenevan, Senior Partner, McKinsey & Company in Tokyo

5:30-5:45 PM – Legal aspects of Lockdown | Nancy Yamaguchi, Partner, Morgan Lewis

5:45-6:05 PM – Q&A

6:05-6:30 PM – Networking

 

How to join?

You will receive the Zoom information and link upon registering through our website

 

 

In cooperation with BowerGroupAsia & Morgan, Lewis & Bockius LLP

Bower Group Asia Logo

Morgan Lewis Logo

 

 

Many thanks for supporting this program!

Jetro San Francisco Logo

 

 

Innovation Salon | This event is part of the Innovation Awards Symposium 2020

___

Innovation Awards Banner

2020 Innovation Awards Sponsors

___


___

Donate to Japan Society

Details

Date:
May 28
Time:
5:00 pm - 6:30 pm

Venue

Zoom
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search